拱宸橋町内

2019-09-26 09:59:59

町内に運河にまたがる明朝のアーチ型石橋(橋脚の間に空洞が3つある)があるから「拱宸橋」町内と名づけられた。古い京杭大運河は管轄区域を貫いている。町内は橋東と橋西に分けられて、拱宸橋と橋西歴史文化街区といった二つの世界遺産点を有している。

町内は1954年8月に創立され、拱墅区委員会と区政府の所在地である。東と北は上塘町内と隣接し、西は祥符町内と和睦町内に接し、南は小河町内につながっている。管轄区域は面積が4.23平方キロメートル、居住人口が7.8万人で、事務所は温州路40号にある蚕花園、永慶路、温州路、台州路、登雲路、橋西、衢州路、文瀾といった8つのコミュニティーを管轄している。管轄区域に杭州師範大学付属病院、浙江老年関懐病院などの大・中型機関があり、京杭大運河博物館、杭州工芸美術博物館、杭州刃鋏剣、扇業、傘業博物館といった五大国字号博物館もあり、緑城江南里、凱徳龍湾、遠洋大河宸章、九龍倉璽などのハイエンド住宅及びLoft49、Loft公園などの創意産業園区もある。

ここ数年、拱宸橋町内党工作委員会と事務所は、区委員会区政府所在地の核心町内意識をしっかりと確立した。「運河文化名街」をつくり、「韵味拱宸」ブランドを建設し、杭州市生態文明町内、違法建築のない創建先進町内、省級五つ星規範化司法所などの栄誉称号を獲得した。町内の非物質文化遺産は内容が豊富で、28の非物質文化遺産文化項目がある。運河元宵灯会、武林活拳が省級非物質文化遺産に入選された。手工芸活態館のホール展示とインタラクティブ体験は人々に深く好まれている。

拱宸橋町内は観光資源に恵まれている。明と清の時代、橋西歴史文化街区のあたりは「北関夜市」と呼ばれていた。運河交通が便利なので、川に沿ってたくさんの店が開かれ、「小上海」とも呼ばれ、清末民国初期の川沿い家屋および大量工業遺存が残っており、2012年に国家AAAA級観光地区になった。ここ数年、浙江文化創意街区、浙江省非物質文化遺産観光地、杭州市非物質文化遺産観光地、杭州市国家化コミュニティー模範点などの称号を獲得した。李克強総理、国連副事務総長などの国内外政治要員は次々と橋西歴史街区に来られることによって、この地区の影響力も大きくなってきた。


主办:中共杭州市拱墅区委员会 拱墅区人民政府 Copyright :© 2009-2012 All Rights Reserved.
日本語版の情報とデーターは利用者のご参考に供するのみである。もしご理解に紛れがあれば、すべて中国語版を基準とする。
备案证编号:浙ICP15043779 浙公网安备 33010502000141号 网站标识码:3301050002 联系电话:0571-58125001
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统